• ドクター・アウグスト・アインゼレ・リング15、82418ムルナウ

  • +49 8841 9464

  • info@hunterlab.de

Aeros分光光度計による顆粒の色測定

HunterLabのAeros分光光度計による顆粒とペレットの色測定

色の変化を早期に検出し、品質を保証し、生産性を向上させます。

様々な造粒物の製造において、製品は製造工程中に分光光度計で分析され、正しい色が保証される。 最終製品の色の変化は、プロセスの早い段階で検出し、時間内に介入して製品を “救う “ことができなければならない。 この品質管理によって生産が妨げられたり、滞ったりすることがあってはならない。

特殊な測定技術により、製造中に簡単な操作で確実なチェックを行うことができます。 と
ハンターラボ
を使えば、顆粒の色を正確に測定できます。 この非接触測定法は非常に使いやすく、測定結果の再現性が高く、繰り返し精度も高いため、ハンターラボでは顆粒やペレットの測定にこの装置を推奨しています。

上方からの非接触測定

加工では、ペレット、顆粒、チップ、フレークなどの形態をとる製品もある。 このため、製品を色測定用の皿に入れ、粒子の表面を全体として見る。 測定は上方から非接触で行われる。 自動高さ調節機能により、サンプルとセンサーの距離を最適に保ちます。

取り扱いが容易

フラッシュスクレイピングやジョギングなしでトレイに充填するだけで、最も正確で再現性の高い結果が得られる。 ディッシュ内の試料の層厚が十分であるため、半透明の試料であっても、ディッシュの底の色は測定結果に明らかに影響しない。

測定回数が多いため、測定面が広い

顆粒は大きさも形も不規則である。 したがって、小さな表面の個々の測定値は、互いに大きくずれることになる。 エアロスは、ボウルがセンサーの下で回転している間、5秒間で35回の測定値の平均値を計算する。 センサーはオフセンターに配置されるため、測定スポットはエッジの近くに配置される。 したがって、最大177.25cm2の総表面積が考えられる。 測定用フラッシュを使用しない中間測定による校正は、測定が周囲光の影響を受けないことを保証します。 オプションのカラースケールとインデックスを幅広く取り揃えています:

  • カラースケール:CIE L*a*b* 完全な色の説明のために
  • カラーインデックス:YI E313(黄色度)
  • 違い:ΔE*またはΔE*2000
  • 照明/オブザーバー機能:D65/10

(注:異なる場所で色を合わせたい場合は、常に同じモデルの機器を使用してください)。

顆粒-黄白色

黄色度指数E313

特に半透明の造粒物では、YI E313の黄色度は、製造工程の正しい経過について非常に良い情報を提供する。 最終製品が黄色味を帯びたり、黄ばんだりすることは、工程中避けるべきである。 このカラーインデックスYI E313は、ASTMによって紙、塗料、プラスチックのために定義されたもので、試料の色が理想的な白または理想的な無色からどの程度ずれているかを示すために使用されます。 黄色度の値が高いほど、サンプルの黄変が強いことを意味する。

結論

試料の不均一性は、測定装置の選択を決定する。 エアロスは、あらゆる種類の不規則な形状のサンプルに使用されます。

 

お客様のサンプルの色彩値を正確に再現する方法をお知りになりたいですか? 色測定の専門家がご連絡をお待ちしております。

測色をテーマにしたブログ

測色のすべて

HunterLab Europeの企業ブログでは、アプリケーションや測定方法、製品プレゼンテーション、企業ニュースなどの最新情報をお届けしています。 分光測色法のエキスパートが、色彩豊かで多様な測色の世界を定期的にご紹介します。

コンタクトレンズの測色

コンタクトレンズの測色

コンタクトレンズの開発では、着色と光透過の両方を最適化するために、色の測定が不可欠です。 クリアレンズは、視覚体験を損なうことなく扱いやすくするため、薄く着色されている。 特定の色測定を使用することで、レンズを通過する光の透過率を正確に分析し、素材に応じて制御することができる。 カラーレンズの場合、正確な測定によって瞳の色を忠実に変え...
もっと読む

所在地

アウグスト・アインゼレ・リング 15、
82418 ムルナウ

連絡先

Eメール:info@hunterlab.de
電話:+49 8841 9464

サポート

HunterLabサービス&サポート - 顧客中心、迅速、ユニーク。