• ドクター・アウグスト・アインゼレ・リング15、82418ムルナウ

  • +49 8841 9464

  • info@hunterlab.de

コンタクトレンズの測色

HunterLabのVista分光光度計によるコンタクトレンズの測色

コンタクトレンズの測色 HunterLab

コンタクトレンズの開発では、ガラス製であれプラスチック製であれ、色測定はいくつかの文脈で使用される。

カラー認識

無色のコンタクトレンズは、水ぶくれの中で見えやすいように、ごく淡く着色されていることが多い。 色彩測定は、視覚体験に影響を与えないよう、必要な限り強く、しかし同時に可能な限り弱く色彩を定義するのに役立つ。

光線透過率/透過率

光学レンズでは、異なる波長域の光の透過率を分析し、必要に応じて影響を与えることが興味深い場合がある。 色測定は、レンズ材料の配合とレンズの比透過率との関係を調べるために使用できる。 これにより、新素材の開発やコンタクトレンズの設計において、光透過の望ましい効果を具体的に生み出すことができる。

カラーリング

装用者の瞳の色を変えることを目的としたカラーコンタクトレンズの場合、正確な色の測定によって、色合いと着色の強さの両方を決定し、非常に細かく変化させることができる。

様々な光学ターゲットに関わらず、分光光度計は品質管理で使用され、異なる製造ロット間でレンズの色品質が同じであることを保証します。

HunterLabが開発したコンタクトレンズ測定用ホルダー

ハンターラボのVista分光光度計のために特別に開発された2分割ホルダーは、直径約13.8mm以上のコンタクトレンズを簡単に挿入して透過率を測定することができる。 そのためには、コンタクトレンズをホルダーベースの開口部に置き、磁石で接着するホルダーアタッチメントで端にクランプする。 この固定はレンズのしわや変形を防ぎ、レンズ表面全体を測定することができる。 その後、ホルダー全体を測定口の前で装置に挿入する。 その中心は、やはり磁力によって、ボールの開口部の前に完璧に位置する。 このシステムは使いやすく、すべての従業員がまったく同じ方法で実施できる再現性の高い測定方法を保証する。

ビスタ・インフォグラフィック2

Vista – 色とヘイズ(濁度)の多用途測定装置:

ビスタはコンタクトレンズの測定に最適なだけでなく、ヘイズ機能付き分光光度計として、フィルム、レンズ、例えばメガネレンズ、プリフォーム、透明液体の測定にも使用できます。

Teams/Zoomなどによるライブデモにご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。 当社のアプリケーション・エンジニアが喜んで装置をお見せします。

ハンターラボNEWS

実例:測定方法-コンタクトレンズとメガネレンズの色測定

最新のHunterLab NEWS誌で、コンタクトレンズとメガネレンズの測色についてお読みください。 この雑誌には、液体や固体の色測定に関するエキサイティングな記事も掲載されている。

下記の2つの欄にご記入ください!

This field is for validation purposes and should be left unchanged.

測色をテーマにしたブログ

測色のすべて

HunterLab Europeの企業ブログでは、アプリケーションや測定方法、製品プレゼンテーション、企業ニュースなどの最新情報をお届けしています。 分光測色法のエキスパートが、色彩豊かで多様な測色の世界を定期的にご紹介します。

所在地

アウグスト・アインゼレ・リング 15、
82418 ムルナウ

連絡先

Eメール:info@hunterlab.de
電話:+49 8841 9464

サポート

HunterLabサービス&サポート - 顧客中心、迅速、ユニーク。